園田加奈写真展 HAU.“這う” 4/11(土)〜4/26(日)


心の揺れ・皮膚感覚・五感を揺さぶる「ザラついた生(なま)」に出逢えた瞬間。

過去に在ったものや事、どんなに時間が経過しても色褪せない対象。

写真の中では全て、鮮やかな「生」を帯びて活かされ続ける。


略歴

フィルムカメラや印画紙にこだわりを持ち、20代の頃独学で写真を撮り始め単身渡英。

1998年からロンドン、NY、バリ、フィリピン、タイなどを拠点に、

特に現地の人々と共に暮らし、生活に溶け込みながらの撮影活動を中心に、国内外での個展、グループ展、コラボレーションなどで作品発表。

2016年からは、国内の自然の力、都会との狭間で生きる植物や「生きていたモノたち」が発する妖艶な力を見出し、撮影活動を行っている。